心も整う自分のためのお片づけ。
ライフオーガナイザー@大阪高槻のブログです。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 2015年もよろしくお願いいたします | main | モニター様のお宅へ >>
「フランス人は10着しか服を持たない」

フランス人は10着しか服を持たない
~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~



こんにちは。ライフオーガナイザーのルコです。


フェイスブックやブログなどで
友達やいろいろな方が同じ本を買って紹介していて
「あっ。私も!」と思ってうれしくなっていました。


先月、大阪まで出かけて昼食時に帰宅になったので
久しぶりに一人でランチでもしようかと思ったけれど
なんだかそんな気分にもならず


ふらっと入った書店で見つけたのがこの本でした。
目に入ってきたのは


「心からの満足を感じられないあなたへ」


という帯に書かれた文章。
そうそう、この時ちょっとしょげてたのでした。


購入の動機は目次の中から心に残ったあるワード。
ランチ代が書籍代に代わりました。



(カバーの下にはこんなかわいいイラストの表紙)


心に残ったワードというのは


「シック(【仏】chic)」


上品な、あか抜けした、粋なさま、などの意味ですね。
「○○するのはシックじゃない」
というような目次があります。


行動するとき、選択するとき、
迷ってしまったら
「それをしている自分は”美しい”か?」
と、自分に問いかけることがあります。


”美しい”は外見のことを言っているのではなく、
空気感とか雰囲気もそうですし、
人を心地よくさせているか?
心は喜んでいるか?自分らしいか?
という感じでしょうか。


その感覚と
「○○するのはシックじゃない」
という表現がリンクするような気がしたのです。


思ったとおり、
読んでいくと自分の「こうありたい」と重なる部分がいくつもありました。


中学生の長女も興味を持って少し読んだようで
洋服の福袋買うのをやめたと言ってましたよ(笑)


タイトルだけを見ると
クローゼットや洋服に特化した内容に思えますが
実はそれだけではなく
原題は「Lessons from Madame Chic」


”典型的なカリフォルニアガール”だった著者が
ホームステイ先のフランスで
”マダム・シック”と生活を共にしながら
新たな暮らしの価値観を発見していくお話です。


どんなときにも判断基準となる自分の価値観。
これがハッキリ持ててさえいれば
迷いの少ない、シンプルな生き方ができますね。


アトリエネネのオーガナイズカウンセリングは
片づけや収納に限らず、
暮らしそのものに対する価値観や願望を
お客様ご自身の中から見つける時間でもあります。


「心からの満足を感じ」られる暮らしづくり、
ライフオーガナイザーと一緒にやってみませんか?
カウンセリングのみのお申込みも承ります。


アトリエネネのHPは→こちら
お問い合わせは→こちら
※上記メールフォームがご利用になれない場合は
atelier-nene@email.plala.or.jp までお願いします。



今日もご訪問、ランキングへの応援クリックありがとうございます。
 ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村ランキングへ
にほんブログ村 トラコミュ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし

スポンサーサイト