心も整う自分のためのお片づけ。
ライフオーガナイザー@大阪高槻のブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「フランス人は10着しか服を持たない」

フランス人は10着しか服を持たない
~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~



こんにちは。ライフオーガナイザーのルコです。


フェイスブックやブログなどで
友達やいろいろな方が同じ本を買って紹介していて
「あっ。私も!」と思ってうれしくなっていました。


先月、大阪まで出かけて昼食時に帰宅になったので
久しぶりに一人でランチでもしようかと思ったけれど
なんだかそんな気分にもならず


ふらっと入った書店で見つけたのがこの本でした。
目に入ってきたのは


「心からの満足を感じられないあなたへ」


という帯に書かれた文章。
そうそう、この時ちょっとしょげてたのでした。


購入の動機は目次の中から心に残ったあるワード。
ランチ代が書籍代に代わりました。



(カバーの下にはこんなかわいいイラストの表紙)


心に残ったワードというのは


「シック(【仏】chic)」


上品な、あか抜けした、粋なさま、などの意味ですね。
「○○するのはシックじゃない」
というような目次があります。


行動するとき、選択するとき、
迷ってしまったら
「それをしている自分は”美しい”か?」
と、自分に問いかけることがあります。


”美しい”は外見のことを言っているのではなく、
空気感とか雰囲気もそうですし、
人を心地よくさせているか?
心は喜んでいるか?自分らしいか?
という感じでしょうか。


その感覚と
「○○するのはシックじゃない」
という表現がリンクするような気がしたのです。


思ったとおり、
読んでいくと自分の「こうありたい」と重なる部分がいくつもありました。


中学生の長女も興味を持って少し読んだようで
洋服の福袋買うのをやめたと言ってましたよ(笑)


タイトルだけを見ると
クローゼットや洋服に特化した内容に思えますが
実はそれだけではなく
原題は「Lessons from Madame Chic」


”典型的なカリフォルニアガール”だった著者が
ホームステイ先のフランスで
”マダム・シック”と生活を共にしながら
新たな暮らしの価値観を発見していくお話です。


どんなときにも判断基準となる自分の価値観。
これがハッキリ持ててさえいれば
迷いの少ない、シンプルな生き方ができますね。


アトリエネネのオーガナイズカウンセリングは
片づけや収納に限らず、
暮らしそのものに対する価値観や願望を
お客様ご自身の中から見つける時間でもあります。


「心からの満足を感じ」られる暮らしづくり、
ライフオーガナイザーと一緒にやってみませんか?
カウンセリングのみのお申込みも承ります。


アトリエネネのHPは→こちら
お問い合わせは→こちら
※上記メールフォームがご利用になれない場合は
atelier-nene@email.plala.or.jp までお願いします。



今日もご訪問、ランキングへの応援クリックありがとうございます。
 ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村ランキングへ
にほんブログ村 トラコミュ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし

豊かな生活感 「123人の家」



ここ最近の息抜きのお供。
アレコレ想像(妄想?)しながらめくってる本。




この前夫と出かけた日()、
グランフロントのアクタスでこの本を眺めていたら
よほど欲しそうに見えたのか夫が買ってくれました(笑)


この次に出版された
123人の家Vol.1.5+ACTUS STYLE BOOK(9)」
とどちらを購入しようか迷ったのですが




店内に置いてあったサンプル本を見比べて
最初に出版された「123人の家」の方を選びました。


どちらかというと
私にはこっちの方が生活感が感じられて
今の生活に参考になりそうだったので。
(特に集合住宅編)


家具、食器、インテリア雑貨などなど、
手に入れることが目的ではなく、
それらを使って生活することを
楽しんでいる自然な空気を感じます。


そんなふうに
手に入れたモノを使いこなせているのは
アクタスで働く方=インテリアのプロ
ならではですね。


「生活感」というと
排除したいイメージがあるかもしれませんが
この本の中にあるのは
「豊かな生活感」だなあ、と。


本に載るために整えられた空間でなく
その人の暮らし自体が見える1冊で
何度も楽しんで見ています。


アクタスのこちらのページ


玄関を開けて3分以内に撮影を開始し、
カメラマンは一切ものには手を触れずに、
ありのままの生活を記録することをテーマにしています。



と書かれているとおりなのでしょうね。


12の質問に答える
それぞれの方の答えも面白いです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村
今日もご訪問、ありがとうございます。
cafeで読書
図書館で「ORGANIZED」という単語に目が止まり、手に取った本。
(今学んでいる、ライフオーガナイズが頭にあるから・・・)


オーガナイズド・リビング


それと、「Storage」という単語が目に止まり、この本も。
(いつも読んでる鈴木尚子さんのブログのタイトルを連想して・・・)


ザ・ストレージ・ブック E.T.style


しばらく図書館のソファーに座って読んでいましたが、
寒くて寒くて・・・耐えられなくなり涙
スタバに移動して続きを読むことに。


「オーガナイズド・リビング」には
ライフオーガナイズと同じような視点で書かれた内容もありましたが
その文章がまた違った表現で、こういう書き方もあるなあ、と、
新しい感じ方ができました。


たまにはこういう本をめくってみるのも気分転換になりますね。
本当はテスト勉強しに出かけたんですけど照



最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
シンプルライフブログランキングに参加中

子育てスタイルのランキングに参加中♪
こころのヨーガ


なかしましほさんのツイッターで知った本、こころのヨーガ
半身浴しながら
足湯しながら
ご飯炊けるの待ちながら
いろんなときに読んでます。

今の自分に必要なことばがたくさんあって
出会ってよかったと感謝しています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
最近読んだ本


花森安治のデザイン




高村光太郎詩集改版




本屋の窓からのぞいた{京都}
最近読んだ本


みんな、どんなふうに働いて生きてゆくの?



かえる食堂のお弁当


マーマーマガジン

murmur magazine NO.13
http://murmur.frame-works.co.jp/


この雑誌は、
以前行ってた美容室で手にしたのが初めてだった・・・かな?

内容に興味はあったけれど
「ガールズ」という言葉になじめなくて
HPを時々見ることはあっても
雑誌を買って読むまではありませんでした。

今回、購入した理由は、
田中優さんのお話が載ってると知ったから。
内容は、「原発に頼らない社会へ」
分かりやすくコンパクトにまとめられた感じ。

この号はリニューアル準備号とのこと。
「ミツバチの羽音と地球の回転」監督、
鎌仲ひとみさんのお話も載っています。
最近読んだ本


あたらしい自分になる本






自分をいかして生きる

先月読んだ「自分の仕事をつくる」の補稿、という西村佳哲さんの本。





美人のレシピ 美人のレシピ 2

最近読んだ本


青森のりんご農家、木村秋則さんの「すべては宇宙の采配」
てっきり林檎のお話だけだと思っていたので読んでびっくりしました。



西村佳哲 (著)「自分の仕事をつくる」